ライセンス情報

甲はマン島ギャンブル監督委員会のライセンスを取得しています。

ギャンブル監督委員会は 1962 年に設立された独立法人で、1 名の委員長と 4 名の委員で構成されます。

カジノ、アミューズメントマシン、スロットマシン、賭博、くじなどの陸上でのギャンブル運営ライセンスの発行および運営規制のほか、同委員会はすべてのオンライン ギャンブル活動を規制する任務を負っています。

マン島はイングランドとアイルランドの間にあるアイリッシュ海の中央に位置する英国王室属領です。マン島にはティンウォルド (Tynwald) と呼ばれる世界最古の議会があります。

同委員会が掲げる活動原則は次の通りです。

  1. ギャンブル産業を犯罪から守ること。
  2. 若者や弱者を守ること。
  3. ライセンス保持者が提供する設備が公正であり、プレイヤーが獲得した金額に確かにプレイヤーに授与されることを保証すること。

オンライン ギャンブル ライセンスは、厳格な審査を通過した企業にのみ付与されます。2001 年オンライン ギャンブル規制法 (Online Gambling act 2001) は、ギャンブル監督委員会は次の条件を満たしていない企業にはライセンスを付与してはならないとしています。

(a) 人格識見に優れた 1 人または複数の人物の統制下にある企業

(b) 自社の株式資本の受益所有権を十分に満たしている企業

(c) 企業活動が人格識見に優れた有能な人物の経営下にある企業

(d) 当の記述に該当するオンライン ギャンブルを実施するための十分な資金がある企業

乙の甲との契約はマン島の法律に準拠します。マン島法 (*) は、オンライン ギャンブルにおいて締結される契約はゲームまたは賭博のための契約であるという理由のみから無効または法的強制力がないものとならないとしています。これによりオンライン ギャンブルによる負債はマン島の法律に従い返済義務が発生します。

*2001 年オンライン ギャンブル規制法第 23 項 (Online Gambling Regulation Act 2001 Section 23)