現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

PokerStarsは有頂天で

2010年6月8日by Brad Willis

ベースキャンプに着くのは当たらし家に引っ越すような気分でした。その始点に行くだけでも長旅でした。それだけでほとんどの人間は人生で出かける旅よりも長かった。その上に世界最高峰のエベレスト山がありました。パタゴニア出身のBenegas兄弟、DamienさんとWillieさんはその山を登ることが使命でした。

しかしこれは初めてだったわけじゃない。この二人は既に9回もエベレスト山を征服した。今回はPokerStarsにスポンサーされて、記録の10回目頂上に登ることでした。

40日間ベースキャンプで計画を用意した。世界中最も厳しい環境なのにこれからの旅より相当楽な生活をしていました。

ベースキャンプに着くのに時間はかなりかかりました。36マイルの氷状を超えて(約58キロ)高度20,000フィート(約6000メートル)のベースキャンプにたどり着きました。エベレストのベースキャンプは大きな氷河です。各チームは壁に付いてテントに泊まり、これからの旅を準備します。

「高度と山の険しさを感じましたね。しょっちゅう休憩をしていた。」とWillieさんが言いました。「最後に頂点で座って、ヒマラヤ山脈の風景を飲み込みました。チームでの初めての頂点だったので感動しました。」

そのミッションはエベレスト山でした。二人はごみを拾うために登ろうとしていました。毎年数人の登山家が登っている時にゴミを置いて行きます。現在数え切れないほど貯まっているでしょう。ほとんどの登山家は山を征服するために登るけれど今回この二人は片付けるために登りました。
ベースキャンプでPuja(プジャ)に参加しました。プジャは神様にエベレスト山を登る許可を頼む儀式です。モンクと一緒に座り、供物の米を投げ、ネパール風な祝いで酒を飲みました。

一ヶ月以上も氷河のベースキャンプでさすがに時間を過ごす方法は探さなければならないよね。

On the way to Everest 2-thumb-450x298-100532.jpg

太陽となだれを避けるのに朝4時に起きたりトレーニングしました。高度に慣れるために6000メートルを登ったりしました。その40日間で普通の人の1年分のトレーニングをしたと言えるでしょう。

Advalanche.jpg

ベースキャンプの小さい雪崩

利他精神、保護とアドベンチュアーの精神がベースキャンプまでのモチベーションになりました。40日間のトレーニングと順応ができたのは知能でした。そうしてエベレスト山の頂上に行けたのは意志の強さでした。

全部で4500キロのゴミを収集して、その後は頂上に行くだけでした。

人間が出かける旅で一番厳しいでしょう。とりあえず高度30,000フィート(約9000メートル)まで登ります。200人以上が登っている時に死んでしまいました。この兄弟は9回もしたことがあったけれど今回は世界の記録の10回目登れました。

patagonian_brothers_tenth_summit-thumb-450x298-100623.jpg

everest_climb_tenth-thumb-450x298-100621.jpg

Benegas兄弟はPokerStarsにスポンサーされて登りました。トレーニングと準備がばっちりで結局PokerStarsも有頂天まで行けました。

pokerstars_everest_felt-thumb-450x298-100624.jpg

Benegas兄弟へ、ありがとうございました&おめでとうございます。利他精神と気力で10回目世界最高峰を登れました。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]