現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

Chad BrownプロのWSOP初心者ガイド

Twitterを見るとこれからWSOPに出発する日本代表が多いみたいだけれどプロ達はもう5月からベガスに滞在している。これから行く方で初めての方、何回も行った方、様々いると思いますがChadプロは少しアドバイスのコラムを書いたから翻訳しました★皆様、頑張ってください!そうして結果を知らせて、日本から応援しているから!!!(ジェン)
2011年6月21日by Chad Brown

WSOPが始まったけれど僕には毎年の一番エキサイティングな時期。

ポーカーばっかりの連続6週間。トーナメントはもちろん多いけれど僕はキャッシュゲームにも多く参加している。地元でポーカーできるのもすごくいいこと。いつもはトーナメントのために海外に行っているから。旅行しているとよく眠れない人もいるでしょう。メラトニンがあれば助かるかも(日本では販売することができないからご注意ください)。

WSOPに来るならプレイする数日前から到着するのが薦めです。生活のリズムを現地に合わせた方がうまくいくでしょう。僕はWSOPの直前の2週間にトレーニングをして、体は長く持つようにする。基本的にRioに12時ぐらいに着いて、帰宅は夜中の2~3時になる。これを6週間連続でするのにさすがに体力が必要だ!

chad_brown_pokerstarsblog.jpg

今の時点で入賞は2つ、その中ファイナルテーブルは1つ。$10,000の7カードスタッドで6位だった。同じチームポーカースターズプロElkYがそのイベントを優勝した。僕       がElkYをダブルアップしたのがきっかけになった。最後のドローでオールインになって、彼はK-Kとフラッシュドローで僕はA-Aを持っていた。ポットの総額は650,000点だった。彼は5♦を引いてフラッシュできた。それで僕に80,000点しか残らなくて結局9-9で飛んだ。相手はリバーでツーペアできたから。

ElkYはトリプルクラウンできたからよかったね。ElkYのすごいところは目標から目を離さないこと。初めてベガスに来ると集中するのが難しいと思う。もし大会で結果を出したいならパーティーと飲み会を避けた方がいい。トーナメントの前日に夜中までキャッシュゲームするのもやめた方がいい。ちゃんと休んでから参加するのがいい。僕にはバッドビートで負けてもいいけれどミスで飛ぶのだけはやめたい。

WSOPは年1回だけ。頑張れるのにある程度の犠牲も必要だ。そうしてバンクロールの予算もちゃんと考えてきて。高レートのキャッシュゲームを見て、かもがいるから参加しちゃうけれどバンクロール的には余裕がない人をよく見る。気をつけないと着いてからすぐ負けるかもしれない。
皆様、今年も頑張ってください。

ChadプロのTwitter: @Downtownchad



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]