現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

Vivian Im: 趣味からプロへ

このブログを読んでいただいている方はもうVivanのことを知っていると思うし、マカオに来てくれる方は対戦もしたことがあると思います。しかしアジアのプロはなかなか英語版のブログに単独で出ないから是非この記事を翻訳したいと思いました。

2012年2月1日by Kirsty Mullins

ポーカー業界には数年間しか入っていないかもしれないけれど時間が短くてもVivian Imの経験と実力が深い。このキャリアでプレイ年数が長いプロでもできていないことをVivianができている。

Imのライブ経験は2009年APPTマカオのオンラインサテライトで始まった。ネットで通過しても、ライブイベントでは画面の数字が見えなくて最初はびびっていたと言いました。「相手の目でプレッシャーを感じるから間違えやすい。しかし慣れていくと自分のプレイに集中し、楽しくなる。これだけをコントロールできるととてもエキサイティングなゲームになります。」

初めてライブ大会に出てから1年後の2010年APPTセブでは優勝した。それで初めての女性APPT優勝者になりました。今回もネット予選を通過して参加した。結局獲得した金額は$132,000でした。

Vivian_im_pokerstars.jpg

史上初女性優勝者になり、憧れる人が多く出てきた。「セブで優勝してから他の女性選手にも自信がついたと思う。またアジアで女性に優勝して欲しい。女性だから難しいとかやりやすいというのはない。ポーカーは脳のゲームでコントロールが大事。」

ポーカーをする前からでもImはその脳ゲームのトレーニングをしていた。10年前にStarCraftというゲームにはまっていた。そのゲームで現在の彼氏Gabyong Kimと知り合って、彼はポーカースターズプロBertrand "ElkY" Grospellierと同じチームでプレイをして、テレビ対局に参戦していた。実はStarCraftからポーカーに移動したプレイヤが多い。「どっちにも相手を読むことが必要だから」とImが説明した。

そのセブのファイナル手0ぶるではポーカーを紹介して教えてくれた人、彼氏のGabyong Kimもいた。最初はKimがチップリーダーで3人が残った時に2人で90%のチップを持っていた。しかしタイトルにはどっちもまじめにプレイをした。そうしてKimは3位でとんだ。Imは以前ダンスをしていたおかげで集中力は充実で、ポーカーでもあまり焦らないで、冷静に打てる。

APPTを優勝したあと、2011年のMPCで準優勝して、オンラインでもスーパーノバエリーtになり、ポーカースターズプロになりました。「最初はポーカーを趣味だけでするつもりだったのに。」と言いました。

今年3月7~11日にAPPTはVivian Im出身のソウルにも登場します。ポーカースターズでもJPTでも予選を開催していますので皆様も参加しましょう。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]