現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

プロブログ:なぜアジア・チャンピオンシップ・オブ・ポーカーは特別なのか?

2014年10月23日 by Bryan Huang

アジアにおけるポーカーのトーナメントはポーカースターズがマカオに進出し、マカオポーカーカップのシリーズを始めた事により飛躍的に進歩しました。特にレッドドラゴンの名で知られるメインイベントは年々その規模を拡大させ、記録を更新し続けています。始まった当初、トーナメントの参加者はわずか30人程度でしたが今では1000人以上が参加するようになりました。

アジアで行われるメインイベントの参加費は平均的にUSD$1,200前後です。そして、アジア・パシフィック・ポーカーツアー(APPT)のメインイベントの参加費はUSD$2,500~5,000に設定されています。各シリーズは1~2週間程度の期間で開催され、ハイローラーを除くサイドイベントの参加費の平均はUSD$500程度になっています。参加費の額はポーカーが発展途中のアジア地域では最適な額になっていると思いますし、参加者の増加がそれを確証しています。

ワールドシリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)、ヨーロピアン・ポーカー・ツアー(EPT)、ポーカースターズ・カルビアン・アドベンチャー(PCA)等に参加したことがある人達は、それらのイベントとアジアのイベントの参加費の違いに気が付いていると思います。そして世界の有名なプロ達は富と名声を得る為に、より賞金額が大きな大会に参加する傾向にあります。

bryan_huang_acop2014-thumb-450x300-243718.jpg

アジア・チャンピオンシップ・オブ・ポーカー(ACOP)がその他のアジアで開かれている大会と大きく違う点がまさにこれなのです。アジアの大会に遠征している人達が今回の国際的なトーナメントで、自分達のスキルが世界のトッププロに通用するかどうかを試せるチャンスなのです。多額の賞金を得ているWSOPブレスレット保持者、EPTチャンピオンやPCAチャンピオン達と勝負し勝つことが出来れば、直ぐに名声を手に入れると共に世界中のプレーヤー達に認められる事でしょう。

まず第一に、今回は様々な参加費のトーナメントを用意しているので、幅広いプレーヤー層に満足頂けると思います。アマチュアプレーヤーで今回のアジアで最も大きく魅力的な大会に参加した人達は、USD $70リバイイベントやUSD $250のディープスタックイベントをプレーされると良いと思います。そして、1年を通して色々な大会に遠征し、常に真剣にプレーしている人達には、ACOPのタイトル(別名"スーペディー")を獲得するチャンスになります。参加費がUSD $1,000以上のイベントを何個か用意しておりますので、それらを勝ち抜き、ACOPのタイトルとスペーディーを勝ち取ってください。スペーディーのサイドイベントの規模や賞金総額、そしてストラクチャー構成は、アジアで行われる他のメインイベント以上になっています。ゆったりのストラクチャー構成で運の要素は少なくなり、スキルが重要になると思いませんか?ACOPはその舞台を用意しています。

ACOPは17日間で競う長いシリーズですので、安心してポーカーにのめりこむ事ができます。間違いなく私は熱中していることでしょう。タイトルイベントは毎日開催されますが、多くの人の注目を浴びているのはHK$25,000 ACOPウォームアップです。そして、誰もが勝ち取りたいタイトルはもちろんACOPメインイベントです。もちろん参加する全てのイベントで長く生き残りたいと思っていますし、数多くのイベントが用意されているので安心してスーペディーのタイトルを狙いに行けます。私はハイローラー以外の全てのイベントに出ようと思っています(もしサイドイベントで良い結果を得ればきっとハイローラーにも出れますね)。

もし、ハイローラーイベントがなかったら、マカオのポーカーシーンには相応しくないですね。最近、ポーカースターズLIVEマカオとマカオ・ビリオネアー(億万長者)がパートナーシップを結んだと公表されました。そして今回のACOPは一つではなく二つもハイローラーイベントを用意して待っています。参加費がUSD $65,000(2リバイ有り)のイベントとUSD $32,000フリーズアウトイベントが開催される予定です。参加費をダイレクトバイインをする予定の人には、無料の宿泊室を用意しております。

なぜ私が苦労してまで全てのイベントに参加するか分かりますか?それはACOPにはその価値があるからです。アジアで最も大きく価値のある大会は年に1回しか開催されません。私は今年もその栄光を勝ち取りたいのです。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]