現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

2個目のスペーディーを獲得するチャンピオンを捜しています

2014年10月16日by Celina Lin

2014年のアジア・チャンピオンシップ・オブ・ポーカー(ACOP)は、10月24日からシティーオブドリームス内のポーカースターズLIVEマカオで開催されています。アジアの地域で活動している全てのポーカープレーヤーが参加するかどうかを含めて注目しており、そして、今では世界中のプレーヤーが注目するイベントとなっています。今大会は、非常に大きなフィールドで開催され、その規模も膨大になる事でしょう。
今回で3回目の開催となるACOPですが、今大会のメインイベントは世界的に見ても高額な参加費のひとつになります。
アジア・パシフィックでは間違いなく最高額の参加費は、HK$ 100,000($13,000 USD)です。オージーミリオンと並び、多くのプレーヤーはこの大会に参加することを検討しており、チャンスがあれば大きな賞金を手に入れる事を願っています。

ACOPに参加するために、私が知っているプロもたくさんマカオにやって来ます。その中にはJonathan Duhamel、Bertrand "ElkY" Grospellier、Randy "nanonoko" Lew、Terrence Chan、Mike McDonaldやその他多くのプロが含まれています。メインイベントだけではなく、HK$ 250,000のハイローラーイベントやHK$ 500,000(2リバイ)のスーパーハイローラーイベントに世界で活躍するプロ達が興味を示しています。

今、ACOPに参加するプレーヤー達の中で話題になっているのが、未だ誰も達成したことがない2個目のスペディー(ACOPタイトル)を勝ち取れるかプレーヤーに誰がなるかです。ACOPのタイトルがかかったイベントの勝者には、昨年のトロフィーのニックネームを決めるコンペで決まった「スペーディー」の名が付いた美しいトロフィーが授与されます。

gold_spadie_acop_lin.jpg

ACOPの歴史の中で多くのプレーヤーがスペーディーを獲得してきました。しかし、まだ誰も2個目のトロフィーを獲得していません。そのため誰が取るか話題になるのです。チームポーカースターズプロの中ではRaymond Wuと私がスペーディーを獲得しています。私は昨年のACOPの最後のイベントだったHK$ 8,800 NLHで優勝しました。そして、その記憶が今年のACOPに参加する為の良いモチベーションになっています。

私は他のプレーヤー達よりも少し有利な立場にいます。なぜならスペーディーの一つはレディースイベントの勝者に渡される予定だからです。しかし、私はレディースイベントよりもオープントーナメントで優勝したいと思っています。

ACOPは17日間に渡り開催され、長期間の戦いはプレーヤーのスキルとメンタルを試す良い機会です。最後の週末になる頃には、多くのプレーヤーは疲れきって消耗しているのことでしょう。きっとその中に私もいると思います。思い返せば、去年のHK$ 8,800 NLHイベントのデイ1の日、私は夜の7時までベッドで寝ていました。そのイベントが始まる前までトーナメントに毎日参加していましたが、良い結果が得られずに疲れきっていたのです。もう少しでトーナメントに出るのを止めようかと思う程でした。

しかし、やる気を出してベッドから飛び起き、トーナメントが開始してから30分後に参加しました。デイ1が終った時、私はチップリーダでした、そして、そのリードを保ったままデイ2を終え、親しい友人の一人でもあるTed Wangと3~4時間にも及ぶヘッズアップの戦いに勝って優勝しました。

それは予期せぬ優勝でした。特にギリギリまで参加するかどうか悩んでいたイベントだったからです。しかし、全てが上手く噛み合いました。自分自身にそれほど期待していなかったのでプレッシャーを感じることなくプレーできた事が、良い結果に繋がりました。常に諦めないでプレーする事が重要だと改めて実感しました。

celina_lin_spadie.jpg

私と1個目のスペディー

ACOPに戻ってくると未だに新鮮な気持ちになります。
何人かの人に最初の週をスキップして、最後まで集中してプレーした方が良いと言われました。しかし、どのイベントでディープラン出来るかどうか分からないのです。数多くのイベントに出たほうがより多くのチャンスを得れますので、厳しいスケジュールの中で戦う準備をしています。特にメンタル的に良い準備して、仮に良い結果が出ない日が続いても、集中力を切らさないようにプレーしたいと思っています。

私は2個目のスペーディーを勝ち取る事のやる気に満ち溢れています。もし賭けをするなら少なくとも「誰か一人は」2個目のスペーディーを勝ち取る事でしょう。そして、それは私かもしれません。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]