現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

プロブログ:遅くともやらないよりはまし

2014年11月18日by Bryan Huang

つい最近の話ですが、私はアジア・チャンピオンシップ・オブ・ポーカーに参加する為にマカオに滞在していました。
私がマカオに行く間に知り合った人の話をしたいと思います、私は少し感動的な話だと思いました。
マカオに行く前にビジネスの用事があり香港に寄りました。そして、香港に滞在中、タクシーを使った時の話になります。一般的に香港のタクシーの運転手は空港でお客を支払う際は長蛇の列に並び、長い間待たなくてはなりません。だいたい1~1.5時間程度は並んでいると思います。空港からのお客は都心部までの長距離の移動になるので良い利益になりますが、長時間待たされるのは大変です。

私が乗ったタクシーの運転手は私に英語で話しかけてきました、その会話は非常に興味深いものでした。彼は55歳で香港出身だそうです。私は彼が流暢に英語を話すのでどこかの大学で勉強していたのかと尋ねました。実際の所、彼は15歳の時に家族を養う為に学校を辞め、働き始めたと答えました。

私は彼にどのように英語を学んだのかと尋ねたら、彼は小さい頃から英語で小説を書きたかったと、それもスリラー物の物語を。そのために、時間が空いた時はレッスンを受けに学校に通ったと言いました。そして、この数年間は空港でお客を待つ時間を利用して英語のテープを聞いて学習していると。
「人生は一度きり。」彼は私に伝えました。彼は彼の家族を養い、そして仕事をきちんとやりさえすれば残りの時間で自分の夢を追いかけ、英語を勉強し、そして最終的には英語の小説を書きたいと思っていると。

彼の話は私の心に響きました。私の周りの友人達はポーカーを愛していて、プロとして生活したいと言っています。しかし、彼らはその夢を掴む為に本当の努力をしているでしょうか?もし本当にポーカーが強くなりたいのであれば、一回でも良いのでフルタイムでポーカーをプレーすべきなのです。そこから学べることが多くあると思います。

私は自分自身に置き換えて考えてみました。ポーカーのプロとして生活して行く以外にも挑戦したい事が沢山あります。そうは言うものの時間がなかったりと理由をつけて止めてしまっています。ポーカーをプレーしていない時は映画を見たりしてリラックスしていますが、有効に自分の自由な時間を活用しているとは言えません。しかし、彼は私が本当にやりたければ今よりもっと出来ると言ってるのです。

bryan_huang_october_2014.jpg

このタクシーの運転手は、英語を勉強し始めてから10~15年しか経っていない事にも感銘を受けました。つまり40歳を超えてから勉強し始めたのです。多くの人は年齢を重ねると何か新しい事に挑戦することを躊躇います。例えば、新しい言語を学んだり本を書こうと思ったりする事に。しかし、彼はそれは違うと証明して見せたのです。

「遅くても目的地に着く方がまったくたどり着けないよりは良い。」彼は言いました。少なくとも何かに挑戦する事はしないよりましだと言う事です。多くの人が後悔しない人生を歩むべきだと言います。ただタクシーの運転手の話は私に訴えかけてきましたし、響きました。もしあなたのゴールが手の届かない所にあると感じた時、そんな時はこのタクシーの運転手の話を思い出して下さい。夢を掴む為に努力を怠らないこと、そして挑戦し続けることを。

Bryan Huangプロはチームポカースターズプロの一員です



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]