現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

APPT9 ソウル: 4分の1が終了した時点でのランキング

by Fred Leung on April 2, 2015

APPT ソウルはもうまもなく始まります(大会期間は4月6日~12日)、そして、今大会は年に7回しか開催されない2015年度のポーカースターズ・アジアの第2回目の大会となり、トーナメントの成績はアジア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(APOY)の順位とGPI アジア・パシフィックのランキングに反映されます。
アジア・パシフィック・ポーカー・ツアー(APPT)のシーズン9も4分の1が終了しましたので、現在のランキングを確認しましょう。

APPT_Seoul_2april15-thumb-450x300-257289.jpg

APOYのランキングを見ると多くの中国人プレーヤーがポイントを獲得しており、上位4名を彼らが占めています。その中には、MPC22 レッドドラゴンのメインイベントとHK$80,000のハイローラーイベントを連続して制したYuguang Li選手が含まれて居ます。その結果、彼はポイントランキングでも断トツの1位です。

彼は既に4200ポイントを獲得しており、そのポイント数はAPOYのシステムが開始されてからの過去6年間の中で3回もAPOYを獲得できるポイント数になります。彼と1位の座を競う事になるのは間違いありませんが、3ヶ月過ぎた時点で1位に居たプレーヤーが最終的にアジアでナンバーワンのプレーヤーになった事は過去にありません。

実際の所はメジャーイベントのメインイベントの優勝者がAPOYのトロフィーを獲得した事はShaq Lin選手が4年前にAPOYを獲得して以来現れていません。最近のトレンドを見ると大きな大会で優勝するより、良い結果を持続して出せる安定したプレーヤーがAPOYを獲得しています。なぜなら、大きなトーナメントを一つ勝つだけではポイントが足りないからです。

それではAPOYを獲得できる可能性のある候補者は誰になるでしょうか?
トップ10に入っているプレーヤーは新しいプレーヤーとアジアであまりプレーしない人達が殆どです。
北京カップの優勝者であるYang Zhang選手が4位にいますが、2011年以降に9回しかインマネした事がありません。
Steve O'Dwyer 選手(6位) と Russell Thomas選手(8位)は勝利する可能性がありますが、アジアよりも欧米での戦いを主戦場にしています。

9位のSam Nee選手はAPPTでよく見かけるベテランプレーヤーですので、注目して下さい。その他の注目プレーヤーはトップ10には惜しくも入っておりませんがKC Wong選手(14位)とAaron Lim選手(18位)です。Wong選手は2014年のシーズンで9回もファイナルテーブルに進出しました。これは一つのシーズンでの最多記録です。そして、今年度も既に4回もファイナルテーブルに進出しており非常に安定した成績を残しています。Lim選手はアジア・パシフィック地域の中で最も優れたプレーヤーの一人です。既に180万USD以上の賞金を獲得しており、その中にはWSOPのブレスレットと2013年のAPPTソウルのタイトルが含まれています。

2015年度アジア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのランキング
1. Yuguang Li (中国) - 4,200 ポイント
2. Yunye Lu (中国) - 3,000 ポイント
3. Yifan Zhang (中国) - 2,880 ポイント
4. Yang Zhang (中国) - 2,542 ポイント
5. Yi Won Lee (韓国) - 1,940 ポイント
6. Steve O'Dwyer (アイルランド) - 1,877 ポイント
7. Yonggang Wang (中国) - 1,668 ポイント
8. Russell Thomas (アメリカ) - 1,565 ポイント
9. Sam Nee (マレーシア) - 1,508 ポイント
10. Takuya Yamashita (日本) - 1,500 ポイント
APOYの詳しいランキングはwww.pokerstarsmacau.com/apoy を参照してください。

その一方で新しく作られたGPIアジア・パシフィックのランキングの優勝者予想は歴史が無いため非常に難しく、他のランキングや大会の結果等を考慮して考える必要があります。オーストラリア人のAlexander Trevallion選手がオージーミリオンの優勝とその二日後に行われた100Kのサイドイベントで8位になりランキング1位につけています。

Raiden Kan選手は2位につけており、過去7年間もアジア・パシフィック地域で多くのトーナメントに参加しているのでAPOYやANZ、そして新設されたGPIのランキングで優勝したいはずです。

APPTソウルの大会期間中には6個のアジア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのイベントが予定されていますので2015年度の対決に注目が集まります。全てのスケジュールはwww.appt.com.を参照してください。

2015 GPI アジア・パシフィックのランキング
1. Alexander Trevallion - 365.30 ポイント
2. Raiden Kan - 299.78 ポイント
3. Lennart Uphoff - 263.93 ポイント
4. Joel Douaglin - 253.70 ポイント
5. Michael Addamo - 249.18 ポイント
6. Phil Ivey - 232.95 ポイント
7. John Thomson - 204.70 ポイント
8. Manny Stavropoulos - 202.33 ポイント
9. Scott Seiver - 199.09 ポイント
10. Rahul Byrraju - 198.44 ポイント

GPI アジア・パシフィックの詳しいランキングはwww.psta.rs/2015GPI-AsiaPacific. を参照してください。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]