現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

APPT9マカオ:Bryan Huangプロが密かにアジア・パシフィック地域で躍進しています。

2015年5月7日by Fred Leung

プロになると嫌でも注目が集まってしまうもの。しかし、今年のアジア・パシフィック・ポーカー・ツアーのシーズンでは驚くようなニュースが数多くあったので(Phil Ivey選手がオージーミリオンの$250Kチャレンジで優勝、Yuguang Li選手が2日間で2つのタイトルを獲得等)Bryan Huangプロは人々の注目をあまり浴びずに水面下で着々と良い成績を残し、アジア・パシフィック地域にある3つのランキングシステムで上位13名の順位に着けています。

bryan_huang_secrets.jpg

現在Huangプロは、GPIアジア・パシフィックランキングで7位、オーストラリア・ニュージーランドの年間最優秀選手の順位表で9位、そしてアジアの年間最優秀選手の順位表で13位となっています。3つのランキングに載っているプレーヤー数の合計は1118人なので、彼の成績がいかに凄いかが分かります。

シンガポール出身で30歳のHuangプロはANZPTとAPPTソウルのメインイベントでファイナルテーブルまで残り、そしてオージーミリオンのメインイベントも入賞する事でランキングを駆け上がりました。しかし、Huangプロは現在の順位にまだ満足していません。

「私の順位はまだ素晴らしいとは言えません。1位になるか、又は1位になれないか、それだけです。誰も2位の人の名前なんて覚えていませんよね。」と、Huangプロは今年の活躍をどう思うか?と尋ねられた時にこう答えました。「そうは言いましたが、重要なのは何が起きても自分が自分であることです。常に最大限の努力をしてチャレンジする事が出来れば、仮に2位や3位で終っても落胆する事はないでしょう。なぜなら100%の力をテーブルの上で出し切ったからです。今は次のAPPTマカオで活躍出来る事を願っています。」

Huangプロはアジア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(APOY)を2012年に獲得しています。しかし、その他多くのAPOY獲得者と同じようにこの2~3年は良い成績を残せていませんし、ランキングの上位100名にも入っていません。
「燃え尽き症候群が一番の理由ですね。」HuangプロはAPOYを獲得した後、長く低迷していました。「私の場合はオンラインをプレーして、2~3時間位の睡眠を取ったら直ぐにライブトーナメントに参加していました。そして、それを繰り返していました。しかし、最近ではオンラインかライブトーナメント、どちらか一つに集中するようにしています。」

「そして、今はポーカーをプレーしていない時も充実しています。すごく忙しい生活をしているので、ポーカーのテーブルに座ると逆に集中できますし、ゾーンに入ったと感じます。まるで禅を組んでいるように。」
年間最優秀選手の栄冠を得たと言う経験はHuangプロにとって強力な武器になります。スケジュール管理の重要性や計画を遂行する為に何が必要かが分かっています。

「GPIアジア・パシフィックのランキングはANZPOYとAPOYの成績に影響されますので、その2つのイベントで良い成績を得る事が出来れば3つのランキングで良い成績を残せるでしょう。」とHuangプロは言いました。「計画する事は良い事ですが、先の事ばかり考えていても良くありません。目の前で戦っているトーナメントで良い成績を残す事が一番の近道です。私の場合は2週間後からスタートするAPPTマカオです。」
APPTマカオはCity of the Dreams内にあるポーカースターズ・ライブ・マカオで5月20~30日に行なわれます。




アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]