現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

WSOP 2015:ノベンバーナイン(11月の決勝戦)

2015年7月15日by Stephen Bartley

2015 November Nine_WSOP-thumb-450xauto-265473.jpg

先月、世界のポーカー業界がWSOPメインイベントに注目していましたが、長い11日間とそれよりも長い夏を経てWorld Series of Pokerが一旦終幕を迎えます。

この夏最後のハンドからNovember Nineのスタートまで4か月の小休止となります。プレイヤーの名前はすでに公開されていますが、そこにはない名前が最も注目を集めています。

チームプロのDaniel Negreanuプロがファイナルテーブルに進出できなかったのです。1日かけてドラマチックな戦いを繰り広げましたが、善戦も届かず11位で敗退しました。毎回、新しいレベルに進むたびに誰もが「Kid Pokerは持ちこたえられそうにない」と思いましたが、それでも彼は持ちこたえてきたのです。

しかし、ファイナルテーブルのチップリーダーJoe McKeehen選手に打ち勝つことはできませんでした。大きくリードするMcKeehen選手は他のプレイヤーよりも多少危険を冒すことができたため、遂にNegreanuプロに引導を渡しました。

詳しい試合内容はこちらをごらんください。がっかりという空気が伝わってきますが、このようなスペクタクルが展開されたということは、本イベントの成功でもあります。勝ち残った9人に賛辞を送りましょう。
栄光を目指して激しい戦いを勝ち抜いてきた面々は次の通りです。

1. Zvi Stern (イスラエル) 29,800,000点 (74BB)
2. Pierre Neuville (ベルギー) 21,075,000点 (52BB)
3. Joshua Beckley (米国) 10,800,000点 (27BB)
4. Max Steinberg (米国) 20,200,000点 (50BB)
5. Thomas Cannuli (米国) 12,250,000点 (30BB)
6. Joe McKeehen (米国) 64,100,000点 (160BB)
7. Patrick Chan (米国) 6,225,000点 (15BB)
8. Federico Butteroni (イタリア) 6,200,000点 (15BB)
9. Neil Blumenfield (米国) 22,000,000点 (55BB)

今後、数週間はメディアで何度も彼らの名前を目や耳にすることになるでしょう。2015 World Seriesからお別れする前に、数名についてここで取り上げることにします。まずはチップリーダーのJoe McKeehen選手から。

McKeehen選手は幸運でカードの引きに恵まれたので楽にファイナルテーブルに進出できた、とも言えますがが、それだけがこの才能溢れる若きプレイヤーのすべてではありません。6,400万相当(2位のZvi Stern選手の倍以上)のスタックにその才能の片鱗を見ることができます。今ノリにノッているので、この小休止は不利に働くと感じているかもしれません。今後の成り行きに注目しましょう。

もう一人の注目株がPierre Neuville選手です。EPTの常連である彼は、その情熱と能力でポーカー界を驚かせてきました。一部の対戦相手の3倍も年を重ねていますが、これは言うまでもなくポーカーの魅力を物語っています。テーブルで我が物顔に振る舞う若きプレイヤーたちよりも年を取っているかもしれませんが、自分の夢を追って11月にまた帰ってきます。

彼らはリオで再び戦いに身を投じます。世界で最も高額な賞金獲得を目指す模様が世界中で放映される予定です。

WSOPの夏が終幕した今、心は地元に帰っていきますが、確かに今年のラスベガスの夏は素晴らしいものでした。

Stephen BartleyはPokerStarsブログの執筆担当者です。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]