現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

ポーカー エチケットに反する 5 つの行為

ポーカー テーブルでやってはいけないこと。
By PokerStars

1. スローロール

まずはシンプルなものから。自分のハンドが対戦相手よりも強いことがわかっているなら、ショーダウンですぐに誰が勝者かを知らせましょう。相手にポットを獲得したと思わせて(スロー)から実はそうでないことを知らせて(ロール)対戦相手に精神的苦痛を与えるのはポーカーテーブルで最もたしなみのない行為のひとつです。
スローロールのキツさを知っている一人がSam Abrtnsthy選手です。彼は2016 APPT Aussie Millionのプリフロップでポケット6でオールインしました。Mikel Habb選手はポケットキングで優位だったにもかかわらず、解説者のJason Somervilleさんも呆れるような手の込んだ小芝居を見せたのです。こんなふざけた態度をしていると、テーブルで友人などできず、リバーで正義の報いを受けることでしょう。

2. クロックを要求

ゲームがスムースにテンポ良く進行するよう、対戦相手がプレイに時間をかけすぎている場合に「クロックを要求」することができます。クロックが要求されたら1分以内にプレイしなければならず1分が過ぎるとそのプレイヤーのハンドは無効となります。経験豊富でマナーの良いプレイヤーとの試合でこのルールが使用されることはまれで、度を越えてプレイに時間をかけたり、何度も進行を遅らせるプレイヤーに対して使用されます。
大きな一手の場面では慎重になるものです。そうした場面では対戦相手に対する配慮をお願いします。いざ自分がオールインすべきかどうか決断する立場になったとき、相手に配慮して良かったと思うはずです。
Chris Oliver選手がPCAでTeam PokerStars ProのDaniel Negreanuプロに対してあまりにも急いでクロックを要求してしまった時のように、無作法な行為でポーカーの神様を怒らせるとその報いが自分に返ってきます。

3. アングルシューティング

ブラフしたい? いいでしょう。
長年プレイしているのに素人の振りをしたい? どうぞお好きに。
レイズする場面でコールしようとする振りをしたい? これはダメです。
ポーカーは騙しあいのゲームですが、丁寧な演技とアングルシューティングの間には微妙な違いがあります。経験則から言えるのは、常に行為を明確にすべきということです。定石通りにレイズする際に緊張や自信を装っても問題ありませんが、その意図は混乱を避けることだとディーラーが分かるように行い、アングルシューターという汚名を被るのを回避してください。
マドリッドでのEPT7グランドファイナルでリバーでフルハウスを完成させたIvan Freitez選手は、言葉の壁を使ってアングルシューティングを行いましたが、そのやり口の汚さに解説者も反感を示していました。

4. 見下すような発言

ポーカーはソーシャルなゲームで、テーブルの雰囲気を友好的に保つには自分のエゴを出しすぎないようわきまえる必要があります。初心者を見くびったり、馬鹿にしないこと。知ったかぶりをしないこと。自分の力量を誇示するためにテーブルに着いてるのではありません。真のプロフェッショナルは経験の浅い相手でも歓迎しますが、それがゲームで有利になることを知っています。
テーブルでの発言は控えめに。どうプレイすべきだったかをレクチャーしたり、負けた (勝った) プレイヤーを嫌な気持ちにさせないように。ポットを獲得した後に相手をあざ笑ったり、見下したりするのは尊敬を欠く行為であり、ポーカーエチケットに大きく反します。
2015年のPCAメインイベントでポットを獲得したShyam Srinivasan選手が自分を抑えられずに放った一言にMaurice Hawkins選手はすぐに応酬。もちろん他の誰一人としてその様子を楽しんではいませんでした。

5.一般的なエチケット

ポーカーは確かに策略と騙しあいのゲームですが、ゲームのインテグリティとプレイヤーとしての名声を守るために越えてはいけない一線があります。罰則のあるルールではありませんが、適切なエチケットを守ることで互いに尊敬し合い、もっと気持ち良くプレイできます。
Tony G 選手はエチケット違反スレスレの行為をするプレイヤーとして悪名高く、PokerStars Big Gameで解説者のJoe Stapletonさんが彼を悪役呼ばわりするほど。終了後もHellmuth選手をからかい、侮辱し続けました。ポーカーエチケットでは我慢すべき時、口を閉じておくべき時を知ることが肝心です。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]