現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

2016ACOP: 2つ目のスペーディーを

By Fred Leung

実は、同じような記事を去年も一昨年も書いています。正直三回目を書くことはあると思いませんでした。

2014年に初めてアジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)の2回目の優勝者、そして2つ目のスペーディーを手に入れる人が現れるかと思いました。

2年経って、53スペーディーをそれぞれ53人に配っています。これぐらいの人数だと今年2回目のスペーディーを取る選手が現れてもおかしくないでしょう。(もちろん今年もその予想を外す覚悟はしています。)

では、去年2つ目のスペーディーが惜しかった選手たちを見てみましょう。

惜しい事例 #1
Steve O'Dwyer選手は2014年のスーパーハイローラーで初めてのスペーディーを手に入れました。去年はメインイベントで15位までいきました。惜しかったのはスーパーハイローラーのファイナルテーブルで4位で終了したことです。後1歩でした。

ps201610041.jpg

Pic: Steve O'Dwyer


惜しい事例 #2
台湾のLeon Hsu選手はPLOチャンピオンシップを優勝して24時間後に6-Maxチャンピオンシップで準優勝しました。苦くて甘い結果でしたね。

ps201610042.jpg
Pic: Leon Hsu


2016年のイベントにも2つ目のスペーディーを手に入れるチャンスがあります。

金額勝負
昔ながらの獲得賞金でランキングを考える方は少なくはないでしょう。

驚くことなく、ACOPではSteve O'Dwyer選手が総合獲得賞金額で1位になっています。去年はHK$3,000,000を獲得して更に差を広げました。


2015年スーパーハイローラー優勝者Andy Andrejevic選手と2013年メインイベント優勝したSunny Jung選手は現在3位と4位になっています。そしてFabian Quoss選手 (HK$5,271,000)とJeff Rossiter選手 (HK$5,227,000)は5位よりも下がりました。

*星マークの選手はスペーディーを持っています。

ACOP総合獲得賞金ランキング

1. Steve O'Dwyer (アイルランド) -- HK$17,128,100*
2. Ryan Fee (カナダ) -- HK$9,950,000
3. Andy Andrejevic (米国) -- HK$8,725,000*
4. Sunny Jung (韓国) -- HK$8,602,000*
5. Joseph Cheong (米国) -- HK$7,023,000

一貫性に入賞

まずは入賞しなければトーナメントは優勝できません。一貫性が良ければ香港のRonald Yu選手が7回の入賞と5回のファイナルテーブルで一貫性キングと言えます。

しかし、この記事のテーマが2回目のスペーディー優勝であり、Yu選手はまだ1回も優勝していません。

6回入賞している方は5人いますが、そのうちの3人はスペーディーを持っています: Sparrow Cheung選手、Yoichi Fujiya選手とDong Guo選手です。Cheung選手は4回ファイナルテーブルに進出しているので、この5人の中で一番優勝しそうですね(他の選手は2回のファイナル進出)。

ps201610043.jpg
Pic: Sparrow Cheung


ACOP総合入賞回数
1. Ronald Yu (香港) - 7回
T2. Sparrow Cheung (香港) - 6回*
T2. Dimitar Danchev (ブルガリア) - 6回
T2. Yoichi Fujiya (日本) - 6回*
T2. Dong Guo (中国) - 6回*
T2. Saehoon Lee (韓国) - 6回

誰が一番早くACOPスペーディーを手に入れるのでしょうか?下記は入賞者一覧となります。

2016年アジアチャンピオンシップオブポーカーは10月28日にPokerStars LIVE Macauのポーカールームで始まります。

ACOPスペーディー優勝者一覧

2015年
Piotr Kaniapo (ポーランド) -- リバイ・チャンピオンシップ
Wei Zhao (中国) -- ディープスタック・チャンピオンシップ
Leon Hsu (台湾) -- PLOチャンピオンシップ
Joel Micka (米国) -- 6-Maxチャンピオンシップ
Andrew Shanahan (オーストラリア) -- KO ビッグ・バウンティー
Vladimir Troyanovskiy (ロシア) -- 2m GTD スペーディー
Dong Guo (中国) -- ACOPウォームアップ
Phanlert Sukonthachartnant (タイ) -- ハイローラー
Chao Tan (中国) -- レディース・アジア・チャンピオンシップ
Jimmy Zhou (中国) -- メインイベント
Jason Mo (米国) & Kitty Kuo (台湾) -- チーム・チャンピオンシップ
Takuya Yamashita (日本) -- $15,000 NLH
Andy Andrejevic (米国) - スーパー・ハイローラー
Cannon Lim (シンガポール) -- ターボ・チャンピオンシップ
Xixiang Luo (中国) -- $9,000 NLH

2014年
Kunal Patni (インド) -- リバイ・チャンピオンシップ
Anju Abrol (インド) -- ディープスタック・チャンピオンシップ
Jose Alberto Rivas (ベネズエラ) -- 6-Maxチャンピオンシップ
Klaus Pautrot (フランス) -- PLOチャンピオンシップ
Orjan Skommo (ノルウェイ) -- KO ビッグ・バウンティー
Chris Chong (シンガポール) -- 2m GTD スペーディー
Kamonchanok Tammchaiyangkoon (タイ) -- レディース・アジア・チャンピオンシップ
Steve O'Dwyer (アイルランド) -- MBP スーパー・ハイローラー
Wai Tung Lo (香港) -- ACOPウォームアップ
Gabriel Le Jossec (カナダ) -- メインイベント
Dmitry Ivanov (ロシア) -- ターボ・チャンピオンシップ
Scott Davies (米国) -- $8,800 NLH
Sparrow Cheung (香港) -- $15,000 NLH
Fabian Quoss (ドイツ) -- MBP ハイローラー

2013年
Ioan Taizs (ルーマニア) -- リバイ・チャンピオンシップ
Thomas Zhang (イギリス) -- ディープスタック・チャンピオンシップ
Apoorva Goel (インド) -- 6-Maxチャンピオンシップ
Jian Yang (中国) -- ACOPウォームアップ
Jay Tan (Hong Kong) -- レディース・アジア・チャンピオンシップ
Edison Nguyen (オーストラリア) -- PLOチャンピオンシップ
Ken Demlakian (オーストラリア) -- KO ビッグ・バウンティー
Sunny Jung (Korea) -- メインイベント
Michael Mariakis (オーストラリア) -- ターボ・チャンピオンシップ
Jan Schwippert (イギリス) -- $15,000 NLH
Senh Man Ung (イギリス) -- 250k ハイローラー (1 リバイ・)
Celina Lin (中国) -- $8,800 NLH

2012
Raymond Wu (台湾) -- ディープスタック・チャンピオンシップ
Hirotoshi Nakabo (日本) - 6-Maxチャンピオンシップ
Yoichi Fujiya (日本) -- リバイ・チャンピオンシップ
Jeff Rossiter (オーストラリア) -- ACOPウォームアップ
Anton Astapau (Belarus ) -- ターボ・チャンピオンシップ
Xing Zhou (中国) -- メインイベント
Sam Razavi (イギリス) -- KO ビッグ・バウンティー
Bo Wu (中国) -- $15,000 NLH
Chuanbin Yao (中国) -- $8,000 NLH
Jonathan Karamalikis (オーストラリア) -- 250k ハイローラー
Emi Hibuse (日本) -- レディース・アジア・チャンピオンシップ



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]