現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

2016ACOP: APOYスポットライト- アジアの最強プレイヤー

By Fred Leung

2009年を始めに、毎年アジアプレイヤーオブザイヤー(APOY)をAPOYリーダーボードに基づいて発表しています。今年は初めて6地域に渡った地域別アジアプレイヤーオブザイヤーのランキングを発表しました。

例年通り、今年の2016年アジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP、10月28日~11月13日に開催)も世界各地から最強のポーカープレイヤーが集合し、PokerStars LIVE Macauでチャンピオンを決めます。アジア最大のポーカー祭りでAPOYが決まるようなものです。勝ち組が頂上に上り、チャレンジを受けない人はトロフィーを逃してしまう展開です。

では、APOYが始まる前にランキング上位の方をご紹介しましょう。(2016年10月20日現在のランキングです)

APOY全体リーダーボード
1. Jack En-ching Wu (台湾) - 8,842点
2. Wayne Wei Yi Zhang (中国) - 7,866点
3. Linh Tran (カナダ) - 4,913点
4. Alvan Zheng (中国) - 4,800点
5. Tom Alner (イギリス) - 4,780点

毎年APOYを優勝した人の名前がAPOYのトロフィーに刻まれます。今年は台湾のJack Wu選手または中国のWayne Zhang選手となります。

この二人のポーカープロはずば抜けていて、他のプレイヤーは三位争いとなっています。

この時点で二人が引き分けにならないことは残念です。Wu選手もZhang選手もShaq Linの5年間更新されなかった年間6,278点の記録を超えています。

昨年、KC Wong選手は記録に残る18回のファイナルテーブル進出となりましたが、今年はWu選手が既に19回もファイナルテーブルに通過しています。

この二人なら不可能だと思われた10,000点を超えることが可能になるかもしれません。10ヶ月をかけてランキング1位を交替してきましたが、現時点でWu選手が最高位となっています。しかし、最後まで油断はできません。

1 Asia Player of the Year legacy trophy.JPG

APOYtrophy

地域別APOYリーダーボード
現在の各地域のリーダーと本命をご紹介します。

グループ 1: 中国
1. Wayne Wei Yi Zhang - 7,866点
2. Alvan Yifan Zheng - 4,800点
3. Quan Zhou - 4,500点

グループ 2: 台湾
1. Jack En-ching Wu - 8,842点
2. Bruno Tzhu Chieh Lo--3,845点
3. Pete Chen - 3,395点

Zhang選手とWu選手は全体のAPOYを争っていますが、各々のグループでの優勝は確実です。

中国のAlvan Zheng選手はMacau Millionsのメインイベントを含めて2回も優勝していますが、地域別のタイトルを取るにはACOPでの奇跡が必要となります。

2 Wayne Zhang.jpg

WayneZhang選手

3 Jack Wu.jpg

JackWu選手

グループ 3: 香港・マカオ
1. Ion Sang Song (Macau) - 4,231点
2. Ben Lai (HK) - 3,981点
3. Derx Kwok Chun Lai (HK) - 3,238点

Ion Sang Song選手は最近ACOPプラチナシリーズXVのメインイベントを優勝して1位に上がりました。あとは時間との勝負です。香港からのプレイヤーはマカオのプレイヤーの10倍ほどになります。55歳のSong選手はマカオ以外の大会にも参加していますが、マカオでの調子は良いみたいです。

しかし、グループ 3の1位はまだ変わる可能性が十分にあります。Ben Lai選手はあと250点で追いつき、Derx Lai選手はベビードラゴンを二連覇していて、わずか1000点で届きます。昨年度のAPOYの Alan Lau選手(2,916点)もACOPメインイベントへスポンサードで参加される以上、他のサイドイベントにも参加されることでしょう。

4 Ion Sang Song.jpg

IonSangSong選手

グループ 4: インド
1. Nikhil Dangayach - 1,525点
2. Shiva Kapavarapu - 600点
3. Dhaval Mudgal - 583点

インドは面白いです。なぜかというと現在上位3名は今年はもう参加しません。そのため、420点持ちのBansal Raghav選手のチャンスとなります。チームポーカースターズプロAditya Agarwal選手はまだ得点していませんが、ACOPで調子が良ければ1位に上る可能性もあります。

5 Aditya Agarwal.jpg

Adityaプロ

グループ 5: 日本
1. Takashi Ogura - 2,925点
2. Tetsuya Tsuchikawa - 1,884点
3. Daiki Iijima - 1.726点

Takashi Ogura選手はレッドドラゴンの3位とMPC25ハイローラーの7位の結果で1位となっています。

Ogura選手は日本選手の獲得賞金ランキングで3位ということで、実力と優勝する可能性は十分にありますが、ベテランのTetsuya Tsuchikawa選手にもチャンスが十分あります。

6 Takashi Ogura.jpg

TakashiOgura選手

グループ 6: フィリピン
1. Joven Huerto - 3,182点
2. Mike Takayama - 3,009点
3. Jessie Leonarez - 2,482点

フィリピングループの上位3名全員がAPPTマニラのメインイベントのファイナルテーブルに残りましたが、現在1位が今年8回のファイナル通過となったJoven Huerto選手です。

しかし、Mike Takayama選手はわずか173点で超えられる位置につけています。

フィリピンプレイヤーはマカオのイベントに参加するかは未定ですが、まだPokerStars LIVE Manilaの₱1 Million保証(10月24~30日開催)が終わっていないため、そちらでもポイントを稼げるかもしれません。

7 Joven Huerto.jpg

JovenHuerto選手




アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]