現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

入賞者インタビュー 第七回DeepStack CHAMPIONSHIP優勝 ハジー選手

第七回DeepStack CHAMPIONSHIPを優勝されましたハジー選手にお話しを伺いました。
なんとハジー選手は第一回6MAX CHAMPIONSHIP、第二回DeepStackに続いて3回目の優勝です。

我慢

ハジー:夏の間は結果が出ずに正直苦しい時期でした。
以前優勝した2回はまだポーカーを覚えて日も浅く、勝負にいくことが多かった。
自然に身についていた危機察知能力で手にしたような優勝です。
今回の優勝は、ポーカーのセオリー的な部分も少しずつわかるようになってきて、我慢できるようになった。
それによりスタックを大きく減らす場面を少なくできたし、増やせる時は大きく増やせるようになった。
苦しい時期もあったし、以前より考えて戦っての優勝なので素直に嬉しいです。

とハジー選手。
夏の間は苦しい時期と言われていましたが、苦しかったからこそ、よりポーカーについて考えて、自分のスタイルを見直して、上達された時期だったのではないでしょうか。

image4.png

答えがないからこそ、常に上を目指せるゲーム

ハジー選手にとって、ポーカーの魅力とは?
ハジー:負けていても勝てるゲームだということ。
また答えがない世界なので、常に1歩上、1歩上を目指してプレイできる。
常に上を目指せることがすごく魅力的な部分です。

ハジー選手はポーカーを始められてまだ1年弱とのことですが、今回の優勝で1歩1歩上に進んでいるということの証明になりますね。
形として上達が見えるものではないだけに、ハジー選手の自信にもつながったのではと思います。

image2.png

どの場面でも普段通りに

見事CHAMPIONSHIP3回目の優勝をされたハジー選手に、今後の目標をお聞きしました。

ハジー:少し前にACOP Platinum Mainに挑戦しましたが、正直歯が立ちませんでした。
その時感じたのは、普段やっているプレイが普段通りできなかったこと。
それがすごく悔しかったです。
どの場面でも普段通りにプレイできるようにするためにも、もっとレベルの高いプレーヤーとプレイすること。
そしてもっと負けること。
負けなければ気づけないこともたくさんあると思いますので、とにかく強い人とポーカーしたいですね。

image1.png

やはり目標も「常に1歩上」。
いつもの笑顔で話してくださいました。
ハジー選手、4回目のCHAMPIONSHIP優勝、また海外でのご活躍、期待しております!!
ありがとうございました!



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]