現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

Muskan Sethi が PokerStars のインドの新たなアンバサダーに

Stephen Bartley | @StephenBartley | 6 日前、ニュース

PokerStars.IN が新たなアンバサダーとしてインドのポーカー プレイヤー Muskan Sethiプロを迎え入れました。

Sethiプロが Team に加入し、PokerStars.IN がインドのポーカー プレイヤーにその門戸を開きます。Sethiプロ は Aditya Agarwal と共に世界最大規模の国で世界最大のポーカー ブランドを代表します。
インドでポーカー プレイヤーにとっては記憶に残る変化であり、Sethiプロ はその最前線に立つことになります。


27 歳の彼女はこのニュースや、母国での経歴、ポーカーへの想いについて語ってくれました。
パンジャビに生まれ育った Sethiプロ は今でも家族と親密な関係です。
ニューデリーで商取引とコンピューターを学んだ後、デリー大学で英語の優等学位の取得を目指しました。London School of Fashion でファッション ジャーナリズムとブランド マネージメントの学位も取得しています。

psblog201805161.jpg

インドの Team Pro に新加入の Muskan Sethiプロ

「何年も自分の天職を見つけようともがいてたわ。企業にもファッションにも満足できなかったので、ソーシャルワーカーの母を手伝い始めたの。そのときにオンライン ポーカーに出会った。『やっと特別な何かに巡り合えた』って感じたわ!"

「学校では新しいスキルを身につけたり、スポーツや課外活動の方が楽しかった。」

Sethiプロ はいつも好奇心旺盛で、そのせいでトラブルに陥ったことも。

高校の頃、自分で新聞を発行しようとしたことで危うく退学処分になったことがあります。多くの読者の注目を集めましたが、校長はそれを快く思っていませんでした。

波風を立てるアウトサイダー的存在で、新しいことに挑戦するのが好きな性格が PokerStars インドのアンバサダーになることに繋がったのかも知れません。

「いつも新しいことをしたり、作り出したり、他の人の生活を変えるようなことがしたいわ。
『ただ生計を立てるだけじゃなく、人生を生きる』という言葉が気に入ってるの。」

その後、Sethiプロ はポーカーの道を進み始めます。

かなり若い頃から家族で「偉大なギャンブラー」と呼ぶ祖母とカードをプレイしていました。

psblog201805162.jpg

Muskan Sethi

「誰もが祖母と対戦するのを恐れていたわ! 頭がすごく切れるから。父は一度もカードに触れたことがないけど TV で観戦するのは好きで、父の横に座って夢中になってたわ。今でも一緒に観戦するし。」

Sethiプロ がポーカーをプレイし始めたのは大学を出てからでした。最初はプレイマネーで、すぐに大きな機会がやってきました。

「もっと学びたかったからオンラインで動画を見始めたの。2014 年に PokerStars.com の『Sharkcage』という TV 番組に出演することになって、バルセロナでビッグネームの人たちと 100 万ドルをかけて腕を競ったの。あのときからずっと夢が現実になり続けてるわ!」

それ以来、Sethiプロ は母国インドから英国、ラスベガス、スペインまで世界中で賞金を稼ぎ続けています。

PokerStars.IN で新しい役割を担った後も彼女の快進撃は続くでしょう。まずはインドから。

Sethiプロ のプロフィールは Team PokerStars のホームページでご覧になれます。




アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]