WSOP 2018: 当時と今: Andre Akkari - PokerStars
現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

WSOP 2018: 当時と今: Andre Akkari

Howard Swains | @howardswains | 2 日前 World Series Of Poker にて

今年の World Series of Poker メインイベント開催中は、Team PokerStars Pro のメンバーに初めて WSOP に訪れたときの思い出や、どんなことを学んだのかを詳しく訊いていきます。今回はブラジルの風雲児、Andre Akkari プロです。
________________________________________
WSOP に初めて来たのはいつ頃?

2006 年に来たけど、観てるだけでプレイはしなかった。初参加は 2007 年で、メインイベントには出なかった。小さいイベントにいくつか出たんだ。

どんな印象でした?

当時: ぶっとんだよ。プロのポーカー プレイヤーになろうとしてた。それが夢だった。ESPN でいつも観てるけど、実際に来ると全然違うんだ。ここに来てテーブルとかプレイヤーとか全部を実際に目にすると、もう凄いなって。そう感じたのを覚えているよ。それでプロのポーカー プレイヤーになろうって決心したんだ。

: 何年も経ったのでちょっと違う印象。ブレスレットも獲ったしね。それでも興奮してるよ。今でもベガスの夏が近づくと興奮するんだ。初めての時とは全然違うけどね。あの頃はクレイジーだったよ。

psblog201808051.jpg

Andre Akkariプロ: ブレスレット獲得

プレイ スケジュール

当時: 2007 年は、どのイベントか正確に覚えていないけど、最高バイインは $1,500 だったよ。$1,500 より上はやらなかった。$100 とか $200 は参加してたけど。だから $1,500 は自分にとってメインイベントだったね。パリの Binions でプレイして、Wynn で $600 に出たんだ。で、$1,500 の「メインイベント」という流れ。

: 今年はかなり出てて、今まで 14 のイベントでプレイした。自分よりもっと出てる人もいるけど、14 の内 4 つで入賞したよ。$10K イベントも 4 つ出たんだ。2007 年はそんなの不可能だったね。今はメインイベントに出てるし、$5,000 の 6-max でいい所まで行ったよ。23 位だった。

損益

当時: 2007 年は WSOP だけで $3,000 のマイナス。2 つ参加して入賞を逃したんだ。

: 今のところ $32,000 のマイナスだよ。ビッグ イベントに出てるからね。2 つの $10K イベントでバブった。入賞まであと 2、3 人だったけど。でもまだイベントはあるから!

宿泊

当時: そうだね、初めて来た時はフラミンゴ ロードの端にあるフラットだかアパートメントみたいな Hotel Tuscany に泊ったんだ。すごく遠いんだけど一晩 $22 で。それ位しか払えなかった。

: 大きな家に泊ってるよ。3 家族とシェアしている。でっかいよ。ベッドルームが 7 つ、ゲーム ルームもあって、なんでもある。娘も妻も一緒さ。ワールドカップもあるからすばらしい時を過ごしてるよ。ブラジルの試合は全部観てる。というか全試合観てるんだ。

スキル

当時: 良かったのは、ポーカーが今とは全然違っていたこと。平均的なスキル レベルが今とは全然違ったね。2007 年の頃の方がずっと優位に立ってた。

: 自分ではかなり良いプレイヤーになったと思うんだけど、今はポーカー スクールやビデオ、Twitch、ストリーミングとかそういうのがいっぱいあるからね。みんな 2007 年の頃よりもっとゲームのことを理解している。僕もずっと上達したけど、全体の水準も上がってきてるんだ。でも自分はまだイケてるし、プレイしてて楽しい。

psblog201808052.jpg

2018 年版 Andre Akkariプロ

WSOP に初めて参加してからあなたのポーカー キャリアはどう変化しましたか?

弾けたね。すべてが変わった。キャリアっていうより、人生が変わったよ。僕は前と同じままだけど、それ以外のすべて、お金、人間関係、ビジネス、ポーカー スキル、とにかく全部が 1,000% 変わったね。

当時は分からなかったけど、今なら分かることは?

ここに来た人たちがやる大きな間違いは、興奮しちゃって毎日全部参加したくなってしまうこと。僕が学んだのはそれさ。負けたらまた次のイベントに登録して......っていう感じで狂ったように毎日プレイするのは良くない。
プロの中には全イベントに参加登録して、参加しない場合は出金していく人もいるけど、それがスマートだとは思えない。賢くないよ。誰でも限度がある。精神的にも肉体的にも限界があるんだ。それは認めなきゃ。お金がかかってるし、高くつくからね。ポーカーで成功するにはお金がかかるってことだよ。
バイインが 100 万ドルのイベントだってあるんだ。それを覚えておかないと。ここに来て最初の 3 年は僕も皆と同じようにクレイジーだった。運が良かったんだよ。ブレスレットを獲得できたんだから。1 年で 60 万ドルの利益を得たんだ。でも 6 万ドルとか 7 万ドル失った年もある。なぜなら同じ日に 2 つとか 3 つのイベントでプレイしていたからだよ。ここで 2 つのイベントに参加して、負けて、で The Venetian でプレイしてって。そんなの無理なんだよ。
ポーカーの技術以外に学んだのはそれだね。ベガスに 2 か月間いるための精神面の自己管理を学んだんだ。
すべてについて計画を立てなければならない。僕は全部 Excel に書いてあるよ。どのトーナメントに参加してどれをスキップするか把握しておかなきゃね。今は当時よりもはるかにプロフェッショナルだよ。

昔を懐かしむようなことはありますか?

人間っていうのはおかしなもので、10 年前は些細なことで興奮したけど、もうそんなこともない。恐ろしいことだよ。些細なことでも、それが実はどれだけすごいことかを思い返してみなきゃいけないね。3 日前、$5K のイベントで最後の 23 人に残った。10 年前だったら心臓が破裂してただろうね。今はどうってことない。で、バストしちゃったんだけど、それもどうってことなし。もう 1 日あるからね。でも、またこんな感じじゃまずいんだけど。ソーシャル メディアで大勢の人が僕をフォローしてくれてる。彼らの夢はここに来ることなんだ。それを胸に刻んだ上で楽しまなきゃいけないね。時々、水曜の昼 2 時にベガスでポーカーをしてるってことを忘れてることがあるんだ。こういうことは忘れないようにしなきゃいけない。2018 年の今は 2007 年の頃よりもっといろんなことを忘れてしまいがちだ。だから忘れないように自分にプレッシャーをかけるよ。

初めて参加する人に向けてアドバイスはありますか?

慎重になれ。資金の計画を練るんだ。ベガスは家族を連れてくるのも最高だよ。奥さんや彼女や彼氏と一緒に楽しめるレストランやショーがたくさんある。ギャンブルもある。いたるところにね。たくさんのブラジル人がここに来て大金を失う。それでポーカーのことを忘れてしまうんだ。ルーレットやブラックジャックもできるし、トーナメントもひっきりなしに続くからね。興奮して楽しまなきゃ損だよ。でもポーカーも最善を尽くしてプレイしなきゃ。これは精神のスポーツだね。単にギャンブル、ギャンブル、ギャンブルっていうんじゃないんだ。この点に弱みがあるとトラブルに陥る。ベガスはどうにかして人を虜にするし。
僕はギャンブルは全くしないんだ。でも、たくさんの友達がそういう間違いを犯すのを見てきた。ここに来る前に計画をよく練ってから、お金を持ってトーナメントに参加するんだ。他のことへの誘惑を断ち切ってね。

Day 1A フル チップカウント
Team Pro の成績を見る

WSOP の写真の出典: PokerPhotoArchive.com



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]