現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

APPT9マカオ:ポーカーでチャリティー

2015年5月29日by Brad Kain

英語のブログチームがAnimaでタクシーで降りた時に多くの犬の鳴き声で迎えられました。Animaはのら犬と猫に住宅を提供するチャリティーの組織で、マカオの動物福祉を変える活動もされています。

ブログチームの他にAPPT社長Danny McDonaghさんとチームポーカースターズプロBryan Huangプロも訪問しました。Anima会長Albano Martinsさんに動物の無害を確認してからAnimaの目標と今までの困難の話を伺いました。

APPTMacau2015_Anima_008.jpg
チームポーカースターズプロはAnimaの動物と仲良くしています

2003年に11人で創設されました。Animaの方針は「動物の適切な扱いと動物に対しての抑制及び残酷な行為を防止すること」です。愛護センターのツアーと動物の紹介をしていただきました。

APPTMacau2015_Anima_020.jpg
Animaの愛護センター

写真だけではわかりにくいですが、70頭以上の犬のケージ以外にも様々な役に立つ施設です。Martinsさんの話を聞くと彼の感情は明らかでした。施設内の獣医師は忙しすぎて、隔離スペースも作れないほど施設は狭すぎます。

しかし、PokerStars LIVE MacauがAnimaを支援することになりました。APPTマカオでもエントリー費の一部がこのチャリティーと他の組織に寄付され、支援につながっています。

「マカオの法律では、エントリー費の一部は現地のチャリティーに寄付されることになります。」とAPPT社長Danny McDonaghさんは説明しました。「今までプレイヤーの皆様のおかげでHKD$3,775,000 (約60,450,391円)がAnima、Caritas de Macau、Macau Child Development Association、Missionary of Charity、Artistry Windboxを含め様々なチャリティーに寄付されています。」

「Animaの場合はAlbano Martins会長とスタッフ(多くのスタッフがボランティア)の動物への関心はわかりやすく、マカオの動物にはこんなサービスが必要だということも明らかです。ポーカーのイベントでこのような支援につながることは光栄です。」

APPTMacau2015_Anima_015.jpg
Anima会長Albano Martinsさんが寄付者のボードを案内します

これらの寄付金は動物の住宅の支援になり、Macau Yat Yuen Canidrome(ドッグレース)で行われている安楽死を阻止するための貢献にもなります。そちらのドッグレース会場では毎月、利益にならないと判断された30頭のグレーハウンドを安楽死させています。興味があるかたはこちらの嘆願書から反対の署名できます。詳細はAnimaをご覧ください。

APPTMacau2015_Anima_005.jpg
Animaで助けられた犬たち



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]