現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

Vanessa Selbst: 切断の専門家

最近チームポーカースターズプロが世界中に多くて、実は私達はアジアのプロ以外は身近な感じしない上に全員を紹介するのは難しいと思う。しかし、女性がまだ割りと少ない業界で私は個人的に最近チームポーカースターズに入ったVanessa Selbstに興味を持って、応援しているからこのコラムを英語のブログから取って、翻訳をしました。プロの中のプロで結構面白いキャラだと思うからもしよろしかったら皆様もこれからVanessaを応援してください。

2010年10月25日by Sue Carswell

最近チームポーカースターズプロに入ったVanessa Selbstは熱い。まだ26歳だけどもうポーカーで$2,000,000(役??円)以上の賞金をとっている。

この間ラスベガスでインタビューをした。しかし最初の話題はポーカーではなく、お笑いだった。Selbstは最近「improv」(アドリブお笑い)にはまっているらしい。「そうしたらこちらでも一つを」とお願いしたけれど「いや、ある状況そろえていないと難しい。」と断れた。「たとえばポーカーのテーブル上だったら面白いこといえるけど」と答えた。私のポーカーを見たら言えることはいっぱいあるだろうからその機会は楽しみだね!

これは笑えないけれどSelbstはあっという間に5つの決勝戦に残った。4月にポーカースターズの北アメリカポーカーツアー(NAPT)を優勝して$750,000(役??円)を獲得して2008年にWSOPのブレスレットを取った。「実はブレスレットとしてかわいいところはないよ。実はある時期は家の中になくしちゃった。140キロぐらい太らないと手首に付けられないし」と言いました。

vanessa_selbst_new_team_pro.jpg

Selbstはニューヨーク市のブルックリン区出身で高校の同級生と一緒にポーカーを覚えてからネットでも打つようになった。イエール大学の法学部に入ってもまだポーカーをする時間を作った。実は最近1年間学校を休んでポーカーだけを使用と決めた。チームプロのVanessa Roussoも現在マイアミ大学の法学部に入っているけれど「休学しないで!戻らなくなるかもよ」と忠告したけれどSelbstは聞かなかった。しかしSelbstの勝率で学校に戻らないと思っちゃう。80歳ぐらいまでポーカーにはまっているじゃない?

今年の夏に法律事務所にインターンシップをして、15年間以上不当に投獄されている方が中心だった。仕事が大変だったけれど意味があることで気に入ったみたい。しかしこれからポーカーに集中することに決めた。

ポーカーをしている時にSelbstはサングラスをかけず、ヘッドホンも使わない。「ポーカーの好きなところは人が面白いことを言うところだと思う。ヘッドホンとかを使ったら受け取る情報も減る。サングラスをかけるとカードは見えなくなる場合もあるからしていない。」

プライベートのことになるとSelbstはゲイだということを隠したことがない。「もう2010年だよ。誰もゲイのことを気にしていない。他のことで突っ込まれているけど」とSelbstは言う。ポーカーツアーに参加しながら恋愛は難しいけれど10ヶ月前に出会いサイトで今の彼女と出合った。

Selbstのハンドルネームはどう見ても発音わからない「fslexcduck」でそのニックネームでブログも書いている。このハンドルはネットでもう15年間使っている。

Selbstはスポーツも大好き、特にバスケットとテニス。「ラスベガスにいる時必ずテニスの相手はすぐできるから嬉しい」と言った。食事はサラダが多いみたいでよくジムにも通っている。「しかしトーナメントがあるとジムにいくのはやっぱり難しい。特に飛ばない時は難しい。まだトーナメントの日とジムのバランスはわからない。」

とりあえずいつかVanessaと同卓できることを楽しみにしています。



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]