現在オンライン >プレイヤー:   トーナメント:  

LAPTリマ: Kemal Ferri優勝

少し気分転換でラテンアメリカのポーカー業界を覗いて見ましょう★
2011年4月17日by Paul "DrPauly" McGuire

今週ペルー、リマでの一週間がワンダフルだった。1日目はウェルカムパーティーをHuaca Pucllanaピラミッド(錐体)で祝って、夜に遺跡ツアーに参加できた。ペルーの文化について教えてもらったり、海の神様とかについていろいろ聞いた。パーティーでペルーのダンサーとブッキの演奏に囲まれた。Huaca Pucllanaの「Pucllana」という言葉は「ゲーム」の意味がある。リマは1500年前にゲームの首都だったよう。現在2011年になってもAtlantic City Casinoに世界の方がゲームをしに来ている。今回もラテン・アメリカ・ポーカー・ツアー(LAPT)リマもこちらで行われました。

LAPT LIMA , PERU 4 SEASON 00038.JPG

去年チームポーカースターズプロJose "Nacho" Barberoが優勝したので今年で初めての連勝を取ろうとしていたけれどデー1に飛んでしまった。

コロンビアのDaniel Ospinaは毎日チップリーダーだった。ファイナルに入った時に最後に残った女性Samar Hodaliは2位だった。

最後の8人が日曜日に集まり、優勝賞金の$207,400(約1700万円)を目指していた。
チームポーカースターズKarlo Lopezが第一で飛んでしまった。ショートで4♥3♦をオールインしたけれどZepedaはA-Aを持っていた。Lopezはそのまま8位で飛んで$15,480(約127万円)を獲得した。

7位のDaniel Ospinaも似たような話。5♣4♥をオールインしたけれど今回Kemal Ferri はA-Aを持っていた。スリーカードに当たり、Ospinaが終わりました。

これがファイナルテーブルのテーマはショートスタックが手無しでオールインして、でかい手にぶつかることだった。6位のLeonardo Zepedaも9♥6♦でオールインしてSamar HodaliのQ-Qに負けちゃった。

最後に残ったSamar Holdaiの6-6がRaul PinoのK♣Q♠に負けて5位で終わることになっちゃった。他にブラジルのDaniella Zapielloも5位まで残ったことがある。今までLAPTの女性の一番いい結果は5位。

Michel Barhamは4位でPablo Gonzalesは3位で終わった。

ヘッズアップになったらFerriはチップリーダーだった。Pinoのプレイは最初からずっと冷静だったけれどヘッズアップですこしいらだってきたよう。手がなかなか入らなくてFerriに攻撃されていたよう。リードが6対1に広がった。

そうして決まった。

PinoがK♦7♦でオールインしてFerriのK♣Q♥にぶつかった。ボードでストレートの可能性が出たけれど果たさず、Pinoが飛びました。準優勝で$120,000(約980万円)を獲得しました。

LAPT LIMA , PERU 4 SEASON FINAL TABLE 00807.JPG

2011年LAPTリマ優勝:Kemal Ferri

現地のKemal Ferriは一人で最後の3にんを飛ばした。LAPTのタイトルを取り、優勝賞金は$207,400(約1700万円)になりました。おめでとうございます!

ポーカースターズのブログから更新を読んでいただいてありがとうございます。Atlantic City CasinoのスタッフとLAPTのスタッフにもありがとうございました。

ではペルー、リマからお休みなさい!



アーカイブ

[an error occurred while processing this directive]